2017年1月20日金曜日

Picmvr 0.60を公開した

ようやくiPhoneやAndroidスマートフォン、デジタルカメラからUSBケーブル接続で直接転送できるようにした。
これまでPicmvrはUSBマスストレージクラスを使った接続だけをサポートしていた。WIAを使った転送を試してはいたが動画に対応できなかったので今回、PTP/MTPを使ったWPD(Windows Portable Devices)との接続をサポートすることにした。
なお、手元のCOOLPIX S7000、iPhone4S、ACER Liquid Z530などで動作確認をおこなったが、他のメーカーのデジタルカメラではテストをしていないので動作があやしいかもしれない。また大量にファイルがある場合、マスストレージクラスよりもファイルの列挙に時間がかかる場合があるようだ。この場合でもUIスレッドはブロックしていないが、今のところ進捗を表示していない。この部分は今後改善したい。
この機能は、先週買ったCOOLPIX S7000がマスストレージクラス接続をサポートしていなかったので作った。

ポータブルデバイスとの接続・転送方法:
  1. Picmvrを起動し、転送設定をします
  2. 設定メニューのポータブル接続のチェックボックスをチェックします(下図)
  3. PCとMTPデバイス(カメラ・スマートフォンなど)をUSBケーブルで接続します
  4. コピー/ムーブボタンをクリックして転送します

0.60の変更点:
  • ポータブルデバイス(デジタルカメラ、Androidスマートフォン、iPhone)とUSBケーブル接続(PTP/MTP)をサポートした。
  • サムネイルの転送アニメーション表示を抑止できるようにした(設定メニュー)
ダウンロード:
https://sites.google.com/site/hashimotonaoyuki/picmvr

0 件のコメント:

コメントを投稿