2007年9月21日金曜日

Picmv 1.27 リリース

  • 命名法に %e と %E を追加した。拡張子を意味する。%e は小文字、%E は大文字になる。
  • 命名法に %p を追加した。マイピクチャを意味する。


16 件のコメント:

  1. 素晴らしいソフトありがとうございます。
    スマートコピーの「シリアルナンバー付加設定で内容同一ならスキップ」の機能がうまく動かないように思いました。
    ��.メモリーカードに同一時刻のファイルが存在する状態にてPicmvを実行。
    ��.シリアルナンバー付でファイル名重複がうまく避けられた。
    ��.コピー済みの元ファイルはメモリーカードから削除せず、そのまま残して追加撮影。
    ��.その後、再度Picmvにてコピーを実行。
    ��.「2」の時点の最初の重複ファイル(元ファイル名の若い方)はコピーがうまくスキップしたが、シリアルナンバー01となったファイルと同一のファイルはスキッ
    プされずに、シリアルナンバー02としてコピーされた。
    うまく説明できません。これで伝わるでしょうか。
    既にシリアルナンバーによって、ファイル名が重複しなくなってしまっものも含めて、ファイル内容が同一か判定できるといいように思います。(シリアルナンバー
    を追っかけて判定していくというのでしょうか)
    まだ使いこなせてないので、こちらで何かカン違いをしているのかも知れませんが、よろしくお願いします。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。
    ご指摘の動作は現在のところ仕様通りとなっていますが、不便ですので改善を検討したいと思います。ありがとうございました。

    返信削除
  3. 早速の返答ありがとうございます。
    実は携帯のカメラがexifに撮影時刻の「分」までしか記録せず、「秒」の部分が常に00となってしまい、連写しているわけではないのですがファイル名が重複する状況でした。
    携帯の写真はPCにコピーした後も削除せず持ち歩きたいので、この件が改善されると最高です。
    ぜひともよろしくご検討ください。

    返信削除
  4. コメントありがとうございます。
    なるほど携帯電話の仕様でそのようになっているのですね。情報ありがとうございました。

    返信削除
  5. すばらしいソフトで重宝させていただいています。
    スマートコピーの動作ですが、オリエンテーション属性による自動回転をONにした状態で、同一の縦の写真を再度コピーさせると、スキップせずシリアルナンバーつきで重複コピーされます。おそらく元の回転前の写真とコピーされた回転後の写真を比較して、異なると判断して再コピーしているのかと思います。
    急ぎませんが、修正していただければありがたいです。

    返信削除
  6. コメントありがとうございます。
    なるほど、その動作には気がつきませんでした。検討しますが、対応は難しいかもしれません。

    返信削除
  7. はじめまして。
    1.27(ZIP版)をDLさせていただきました。
    とても便利なソフトですね。
    ありがとうございます。
    ただ、1点だけ…
    作業が完了した後に必ず
    「Picmvは動作を停止しました
     問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。
     プログラムは閉じられ、解決策がある場合はWindowsから通知されます。」
    というメッセージが表示されて、Picmvが終了してしまいます。
    動作環境は、Windows Vista Home Premiumです。
    ご報告まで。。。

    返信削除
  8. コメントありがとうございます。VistaでPicmv終了時にエラーが出る現象は数件の報告があり原因を調査しようとしています。由々しき問題であると認識しておりますので、時間があるときに直したいと思います。

    返信削除
  9. 「実行後に自動終了」チェックボックスがオン(V1.21)の時にお世話になりました。
    いつもありがとうございます。
    さて、いままで利用していたカメラが壊れてしまったので買い換えましたところ、
    画像転送規格がUSB MassStorageClassではなく、PTPということが発覚。
    ドライブとして認識できないため。。。致命的だと思いますが、PTPの対応は困難でしょうか。
    もし対応のご予定がございましたら、宜しくお願いいたします。
    (ちなみに購入したのはFinePix F100fdです。)

    返信削除
  10. 別件ですが、ご報告させていただきます。
    "C:\Program Files\Picmv\Picmv.exe"
    -autodetect off
    -autoexec
    -autoquit on
    -indir "C:\FOO\CAMERAWORK\temp"
    -outdir "C:\FOO\CAMERAWORK\%Y%m%d\"
    とコマンドラインにて起動した際、
    出来上がりフォルダ
    C:\FOO\CAMERAWORK\080514
    となっております。
    しかしながらreadme.txtには、[%Y 4桁の年号]と記されております。もちろん4けた年号を期待していました。
    確認違いでしたらすみません。
    これが4桁年号として動いてくれれば、
    私的には幸せで居続けることができます。
    以上宜しくお願いいたします。

    返信削除
  11. コメントありがとうございます。
    まずPTP/WIAへの対応は対応カメラを持ってないので難しいです。
    次にコマンドラインからの機動でのオプション解釈ですが、ご指摘の現象を確認しました。このほかにも大文字が小文字に認識されるようです。原因はわかりましたので次回修正したいと思います。
    ありがとうございました。

    返信削除
  12. どうぞ宜しくお願いします。

    返信削除
  13. 先日カードリーダを購入しました。
    従来どおりDCIM方式で読み込めるようになりましたので、コマンドラインで引数指定実行はしなくてもよくなりました。ごゆりとお休み下さいませ。

    返信削除
  14. ありがとうございます。
    1.30beta1をリリースしました。%Yが直ったと思います。

    返信削除
  15. 大変すばらしいソフトを公開していただきありがとうございます。
    使用していて気づいた点があるので以下に記します。
    「ファイル命名法」に
    %Y%m%d_%H%M%S_%o
    を指定し、「ファイル名重複時の処理」に「コピーしない」を指定した場合に、例えば、同一日時(%Y%m%d_%H%M%S)で元名前(%o)が異なる場合の2つ目以降のファイルがコピーされません。可能であればコピーされるように対応いただけるとありがたいです。
    以上、ご検討ください。

    返信削除
  16. すいません。
    上記のコメントは誤りのようです。
    正しく処理されているようです。

    返信削除